八王子 保険相談

八王子の保険相談ならココ!おすすめ人気ランキング!

八王子で保険相談しよう

 

 

八王子市にあるJR八王子駅・京王八王子駅近くで保険相談したいお客様に知ってほしいことをお伝えします。まず八王子駅近くには数多くの保険相談窓口(保険相談ショップ)があるということです!保険相談窓口(保険相談ショップ)はJR八王子駅北口に集中しています。代表的な保険相談ショップ八王子駅近くに5店ほどあるのでご紹介します。

 

まずはほけんの窓口サザンスカイタワー八王子支店です。住所は東京都八王子市子安町4−7サザンスカイタワー八王子3Fにあります。アクセスとしては京王八王子駅から出てすぐのところであるので分かりいいです。営業時間は午前10:00から午後20:00で、定休日はありません。次に同じほけんの窓口の京王八王子店です。こちらの住所は東京都八王子市明神町3−27−1京王八王子ショッピングセンター9Fにあります。行き方としてはJR八王子駅南口から徒歩1分の距離にあります。営業時間は午前10:00〜午後20:00までの定休日なしです。

 

次に蜂さんのイメージキャラクターでお馴染みのみつばちほけん八王子東急スクエア店です。住所は東京都八王子市旭町9−1八王子東急スクエア8階にあり、アクセスはJR八王子駅北口徒歩1分のところです。また八王子東急スクエアには提携駐車場があり743台入るので車で行くのもいいでしょう。営業時間は午前10:00〜午後21:00までです。施設の休みにもよりますが、定休日はなしです。最後はほけん百花セレオ八王子店です。住所は東京都八王子市旭町1−1セレオ八王子北館6Fにあります。交通アクセスはJR八王子駅から徒歩1分。営業時間10:00〜21:00で定休日なしです。

 

上記で紹介した保険相談ショップはどのお店も生命保険会社の取り扱いある死亡保険や学資保険、医療保険、がん保険、終身保険、養老保険、個人年金保険の取り扱いがあります。新しく保険加入するための保険相談はもちろんのこと、保険の見直しやおすすめの保険の紹介、入っている保険の診断もしてくれます。あと今後心配な年金や必要になってくるお金の情報提供、子供の学校の教育費や子育ての養育費の準備も教えてくれます。

 

保険相談窓口(保険ショップ)にはファイナンシャルプランナー(FP)が在籍しているので、保険会社の営業員誰もが知っている話でなく、保険に関する詳しいファイナンシャルプランナーしか知らない情報も教えてくれます。
保険に関して分からない素人が、生命保険会社の営業員の言われるがままに提案された保険に加入したり、自身でネットを活用して自分にあうと思う保険に加入すると後に後悔することいになります。
やはりこのような保険相談窓口(保険ショップ)にある中立的立場で相談に乗ってくれる人の意見を一度は聞いたほうがいい保険に入れるのは間違いありません。
日本で生命保険会社は約50社ほど存在しますから、あなたご自分で日本にある生命保険会社の取り扱い商品を選んだり、今の自分に一番あった保険を選ぶのは難しいです。

 

 

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っていたり、一度は生命保険業界で働いたことがある人なら分かるかもですが、保険見直しする際には一度は専門家に相談し、中立的立場でアドバイスをもらう方がいいです。
八王子駅付近にある保険相談店で保険相談しても、いきなり「保険に入ってください!!」と強引に言われ加入されることはありませんのでご安心ください。
もし保険営業員から、強引な勧誘、しつこい営業が心配の人もいいると思います。しかし保険相談を開始する前に、事前に「今日は生命保険に入るつもりありません」と言っておくのがおすすめです。。
保険無料相談は何時間、時間を割いても問題ありません。保険に入るつもりないのに、時間を使わせて悪いな・・・と思う場面もあるでしょうが、これから何十年も払う、高い生命保険料を払うことになるので、冷静な目で保険は選びをしましょう。
今まで保険に一度も入ったことがない若い世代や新婚さん等の場合は、あなたにいいですよと提案される保険についても何がどういいのか、さっぱりという人も多いでしょう。

 

八王子駅近くには多くの保険来店ショップがあります。しかもどのショップもアクセス抜群で平日夜遅くや土日も一日やっているお店がほとんど。なのであなたいくつかの保険相談窓口(保険ショップ)でアドバイスをもらってから保険加入するようにしましょう。

 

実体験に基づく「保険」の必要性

 

私は保険は必要だと思ってますし、感じています。それはなぜなら私自身2年程前に交通事故を起こしてしまい、被害者となりました。

 

救急車で運ばれ、意識不明のまま半日が経ち目が覚めた時は病院の集中治療室でした。
ドラマでしか見たことのない管状のホースのようなものが自分の喉に繋がっていました。
口には酸素マスクという、いかにも重傷を負って鼻の骨と、前歯を骨折してしまい、大きな手術になりました。

 

当然、大きな手術ですから多額の医療費がかかりました。その時に生命保険に加入しておいて良かったと感じました。

 

手続きの仕方もろくにわからないというのにどのような書類を揃えて提出すればよいか等、親切に教えてくださったのは保険屋の方でした。

 

その方に連絡したところ、「今回の事故は大変お気の毒ではございますが、あなた様の回復が順調と聞いて少し肩をなでおろしました。」とおっしゃってました。
「医療費など今回の事故についての金銭関係はすべて私どもが責任を持って相手方様とお話しの上解決いたしますのであなた様はゆっくりおやすみになられて少しでも早く退院でき、元気になられることを優先してください。」と心身ともに傷を負っていたところに優しい言葉と事実、金銭関係においてもお任せさせてもらって気持ちは少し軽くなりました。

 

「いざという時」のための「万が一に備えた保険」であることをもう一度再確認してみてください。心配ならしっかりと見直しをしましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ